広がりボリュームをダウンする豚毛ブラシ

毛量が多かったり広がりやすい髪質だと、朝の忙しい時間のスタイリングは無駄に時間がかかってしまって大変。

ハードジェルやワックスを撫でつけてから結局ゴムで1つ結びしちゃうのはちょっともったいないような気も。

そこで、ブラッシングに豚毛ブラシを使うと髪がまとまって自然なツヤまで出てくるからスタイリング剤も要らなくなるかもしれません。

豚毛の良さは、ダメージを与えにくく髪へのストレスがかかりません。

プラスティックやナイロン製のブラシだと梳かすたびに静電気や摩擦が必要以上にかかってしまい、回復する隙を与えてないようなもの。

これが豚毛ブラシに変わることで、髪質が変わったように感じるほど、自然なしっとり髪に生まれ変わります。

ただし、唯一のデメリットは汚れやすいという点。

手入れしないままでいると、髪の毛や埃がブラシの奥まで入り込んでしまうため不衛生になりがち。

その都度ふき取るか、ブラシ部分にガーゼを食い込ませてから使うと本体が汚れにくくなるのでお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください